本文へスキップ

包括システムによるロールシャッハ・テスト〈エクスナー法〉のコーディングと解釈を丁寧に検討して行きます。分かりやすい所見が作成できるようにしたいと思います。

新規講座のご案内

新しく開催が決まった講座は、下記の通りです。
  詳細は、それぞれの該当コースをご覧下さい。

       
   
   

【2019年】

■ 第148回 心理検査基礎講座 「心理臨床における描画法」
 (2019年10/27(日) 13時〜18時 定員14名)
このコースでは、バウムテスト、HTP、風景構成法、色彩分割法、スクイグル(交互ぐるぐる書き法)などを中心に描画テスト、描画療法についての研修を行います。体験も行いたいと思いますので、鉛筆、サインペン(黒)、色鉛筆、クレヨンなどをお持ちください。

■ 第12回 包括システムによるロールシャッハテスト「コーディングコース」
 (2019年10/20(日) 13時〜18時 定員10名)
包括システムによるロールシャッハ・テスト(エクスナー法)を学んだことのある方が対象です。コーディングに特化して、コーディングの基礎から難しいコーディングや迷うコーディングングなど、数多くの例を丁寧に学んでいきます。

■ 第47回 包括システムによるロールシャッハテスト「基礎コース 土曜日クラス」
 (2019年10/12(土)〜12/21(土) 13時〜17時 定員10名)
包括システムによるロールシャッハテストを初めて学ぶ方が対象です。本講座では,コーディングを中心に
解釈、報告書の書き方までを学びます。

■ 第147回 心理検査基礎講座 「高齢者の認知アセスメントコース」
 (2019年9/28(土) 13時〜18時 定員12名)
このコースは、認知症高齢者のための認知機能検査、行動観察尺度、日常生活動作能力評価尺度、精神症状評価尺度のうち、信頼性妥当性が確立されたアセスメントをそれぞれ複数ご紹介し、実施方法と採点方法、解釈の基礎を学びます。

■ 第21回 包括システムによるロールシャッハテスト「フォローアップコース」
 (2019年8/17(土) 8/31(土) 13時〜17時 定員10名)
包括システムによるロールシャッハ・テスト(エクスナー法)を学んだことのある方が対象です。ブランクがある方、これからロ・テストを施行する予定のある方を対象に、 施行方法やコーディングなどを丁寧に学び、解釈へとつなげていきます。


【お申し込み先】

受講申込規定  4人以上の人数が集まらない場合、開講できないことがございます。
 会場  JR品川駅 高輪口(新幹線、京浜東北線、山手線、東海道線、横須賀線)
京浜急行品川駅より徒歩4分
 お申込み先  T.O.P.S. (Takanawa Office for Psychological Services) 講習会担当
Mail
takanawa-tops@xqg.biglobe.ne.jp
お申込の際は、ご希望のコース名を明記の上、ご氏名・ご所属・ご連絡先・当日連絡が可能な電話番号の記載をお願い申し上げます。また、PDFの添付ファイルが開けるメールアドレスでお願いいたします。
詳細は、お申込み後こちらからメールにてご案内申し上げます。
1週間ほどたちましても、こちらから返信がない場合には、大変お手数ですが
再度メールを下さいますようお願い致します。
ご不明点等がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい!

バナースペース